世界遺産が堪能できるマニラ

フィリピンの首都マニラは、経済や文化の中心地として活気みなぎる街です。そんなマニラの一番の観光スポットは、初代フィリピン総督となったスペイン人のレガスピによって建てられた城砦都市跡のイントラムロスです。目抜き通りの中心に位置するラ・インマクラータ?・ コンセフ?シオン・サン・アク?スティン聖堂は、世界遺産にも登録されています。聖堂であるにもかかわらず、入り口には柏犬がおり、仏教の香りも感じられます。

 

タイムスリップできるビガン歴史地区

ルソン島北部にあるビガン歴史地区は、スペインの都市計画に基づき作られた町で、基盤目状に整備された石畳の通り、一階は石造り、2階は木造、屋根は中国の瓦という文化の混ざった建築様式など、16世紀にタイムスリップしたような風景が広がっています。町自体が世界遺産に指定されており、特に保護されているエリアではエンジン付きの車両が禁止されているため、観光客はゆっくりと散策できるのが魅力です。セントポール大聖堂やブルゴス広場など、見どころもたくさんあります。

 

フィリピン最大のビーチリゾートのセブ島

フィリピンといえば、美しい海も魅力の一つですが、セブ島はラグジュアリーなリゾートホテルからお手ごろなゲストハウスが揃い、旅のスタイルに合わせた滞在ができます。ダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティのほか、アイランドホッピングや他の島への観光など、いろんな楽しみ方ができるのも魅力です。恋人とや友達との旅行はもちろん、家族旅行にもピッタリのスポットです。